ごっこ遊び

【学校ごっこ】小学生になりきって遊ぶ6歳と4歳、そしてシロクマ

学校ごっこがしたい4歳と6歳【作って遊ぼう!】

↑学校ごっこの動画はこちら

寒い寒い〜(((+_+)))

外はヒューヒュー北風。できることなら、おやつ食べ食べ映画でも見て、おうちでぬくぬくしたい季節。

子供がいると、そのゆったり~な休日は難しいんですけどね…。

でも、子供と思いきり遊べる時期は、ほんとに短い。

うちの子達も6歳と4歳です。今までの子育て生活を振り返ると、あっという間でした。一日中抱っこで腰が死んでた時期や、あのイヤイヤ期だって、過ぎてしまえばいい思い出。

だからこそ、今この瞬間に子供と一緒に楽しめることを思いっきり楽しみたい。そう思います。

今回は学校ごっこのようすをご覧ください。

「学校ごっこがしたい」4歳と6歳。

寒い朝の、日曜日。

姉(6)「弟〜。学校へ行くよ〜」
子供たちが学校ごっこを始めました。

手さげカバンにノートや鉛筆を入れて準備を始める娘。息子も手作りのmyランドセルを背負って登校です。

母「まって〜〜〜!」

すかさず、ぬいぐるみの白クマちゃんにランドセルを背負わせて、ついていく私。

Yes and!

 

白クマちゃんは、娘の誕生祝いにおうちに来てくれた子なので、6年以上のお付き合いです。今日もみっちり付き合ってもらいましょう。

今日はどんな物語になるのかな?ワクワク。

ちなみに白クマちゃんのランドセルはこちら。

幼稚園のバザーで購入した、お人形用のミニランドセル。とってもかわいいです♪

白クマちゃんのお世話を始める娘。この子の名前は白田白(しらたしろ)だそうです。

設定は、

白ちゃん= ピカピカの一年生✨

娘と息子 = 高学年のお姉さんお兄さん。

娘(6年生)「字はこう書くのよ」

白ちゃん(1年生)に優しく教えます。

 

息子(5年生)も、一緒にノートを広げてお勉強。自分の名前や数字を書いてます。お姉ちゃんと同じことがしたいようです。

※幼児の早期教育についての考え方も、近いうちに記事にしたいと思います。乞うご期待♪

「白ちゃんのノートや筆箱を作りたい」

白ちゃんのお勉強が進む中、母は横で文房具を作ることに。

娘「もっとノート作って〜!こくごのノートはあるから、さんすうと、じゆうちょうと、れんらくちょう!」

一冊持っていたのですが、足りない様子。

母「いいよ〜いっぱい作るよ〜」

Yes and!

 

母「消しゴムと定規も作ろっと」

Yes and!

娘「ふでばこもお願い!」

 

息子「ぼくもつくる〜」

 

 

並べるとかわいい♪

 

母「時間割もあったらいいんじゃない?」

 

娘「できた!」
月と火はがんばって、水は楽しい時間割なの。1年生は疲れるから木と金はないんだ

最高に1年生思いの時間割が完成しました。笑

 


ランドセルに詰めて、準備完了〜✨

 

弟はクッキー屋さんの続き

昨日の記事はこちら。

 

クッキー屋さんを始めた弟に対応してくれる姉。
子供たちで遊び始めます。

Yes and!

 

紙製のクッキーを袋に詰める男の子紙製のクッキーを紙製のレンジに入れる男の子紙製のクッキーを紙製のレンジに入れた男の子
子供たちが仲良く遊んでいる間に、

 


通学帽子を作っておきました♪

 


学校から帰り、秘密の部屋で寝ている白田白(しらたしろ)。

「白ちゃん学校ごっこセット」完成。

娘「ロッカーがないとランドセルをしまえない」
母「こんな感じでどう?」

と、白ちゃんのロッカーにちょうどいい大きさのダンボールを持ってきます。

娘「お勉強する机と椅子もいるよ」
母「こんなのかな?」

と、カゴを裏返し、真っ白な紙を貼ってみます。

娘「いいねえ」

 

さっそく、白ちゃんを椅子に座らせる娘。

娘「引き出しがないとノート片付けられないよー」
母「そうだねえ」

母「あ、針金でランドセルを吊るすのはどう?」

引き出しを作るのは時間がかかりそうなので、手抜きができる方向で提案する母。笑

 

娘「んー(>_<)でも学校では引き出しにしまってるから〜」
 「紙とカゴの間に挟めばいいか」

諦めかける娘。

これでは意欲が伸びない!

呼び戻せインプロマインド!

粘って作り直しましょう!

 

引き出しがない状態でも、娘6歳と息子4歳で機嫌よく遊んでいます。

今のうちにチョキチョキ工作。

母「できた!これでどう?」

 


娘「すごい!!ありがとーーーー!!」

 

この即席感!

なのに感激する娘!

自分のために考えて作ってくれたってとこが、感動ポイントだったのかな。

 

子供が求めてることって、完成度より、向き合ってくれる姿勢なんだろうな、と再認識しました。完成度も大切ですけどね。これくらいでも喜んでくれるんですよ~。

\気をつけていること/
子供が小さいうちにいっぱい手をかける。
嬉しい楽しい気持ちで子供は育つ。

将来の学費を子供が小さいうちに積み立て始めるように。嬉しい楽しい気持ちは目には見えないけれど、子供の中に確実に貯金されていきます

作って遊ぼう!先生の授業が始まる。

いよいよ授業が始まります!

 

息子(先生)「1じかんめのじゅぎょうをはじめます!」

娘 (生徒)「きりっつ」「れい」「ちゃくせき!」

 

1時間目の授業は国語。『プリンのつくり方』


息子(先生)「こくごです。せんせいの字をまねしてみましょう」

白(1年生)「はーい!」

 

 

2時間目の授業は算数。『たしざん、ひきざん』


息子(先生)「2たす3は?このけいさんわかるひとー!」

白(1年生)「はーい!」

 

娘も一緒に生徒役。ずいぶん遊びました♪授業の場面だけでも30分くらい遊んだかな?

 

学校へ行っちゃおう!

3、4時間目なんと、帽子を被り、ほんとの学校へしゅっぱーつ!

テクテク テクテク♪ 歩いて行こーう!

 


「いっちに!さんし! いっちに!さんし!」

の掛け声で学校まで行進♪

 

3時間目の授業は生活。『冬見つけ』

冬を探しながら歩きます。

 


白(1年生)「どうして葉っぱがある木とない木があるのかなあ」

娘(6年生)夏にできた葉っぱは落ちるけど、秋にできた葉っぱは落ちないのよ」

※娘のオリジナル研究の結果。笑

 

4時間目の授業は体育。『体を使って遊ぼう』

ボールや遊具、木登りをして遊びます。

 


白(1年生)「よいしょ、よいしょ、難しい〜…」

娘(6年生)「白ちゃん、こっちこっち」

 


「わ〜い、ありがとう!!」

しばらく木登りで遊びました♪

冷たい風が吹いてても、子供は風の子、元気な子!ボール投げや縄跳びもしましたよ。

 

動画にまとめました~♪

*おまけ*ごっこ遊びに重宝しそうなおもちゃ

ごっこ遊びに重宝する、見ているだけでワクワクするおもちゃ。
お誕生日やクリスマス、お祝い等のプレゼント選びの参考になれば幸いです♪
普段の遊びにも使える、という視点でレポートします!
年長さんの学校でるでるランドセル<学校たんけん>

実際に背負える、紙のランドセル。中を開くと、教室、図書室、音楽室、体育館など実際の学校の模型になっています。価格もお手頃で嬉しい。

中身のデザインが違う女の子バージョンもありましたが、2017年12月現在売り切れ…。

 

 

私なら、小さな子供たちのお人形を紙で作って、学校探検して遊ぶと思います♪先生やお友達を作っても面白いですね!

そのまま真似て作ってみたいけど、さすがにかなり時間がかかりそう。

 

学校ごっこ。子供は先生の役をしたがりますよね。すると「学校ではこんな感じですごしているんだろうな」と分かります。同じようにお友達とのやりとりも想像できたり。

「今日はどうだったの?」なんて聞いてもあまり答えてくれないものですが、学校ごっこでは普段の様子を進んで再現する。おもしろいですよね。

 

姉が年長さんの時の話。来年から使うランドセルが自宅に届いたのを見て、弟もランドセルを欲しがり、こっそり背負ってはケンカになっていたのを思い出しました。

「こういうおもちゃを弟くんに買ってあげてもよかったかな〜」なんて思います。

 

余談

この商品には「入学準備としておすすめ」と買いてあるのですが、ちょっと考えもの。

というのも、親が身構えすぎると子供は不安になるんですよね。「子供が失敗しないように」は、「親が安心するため」だったりします。私も身に覚えが…。

良さそうなおもちゃを買い与えて安心、ではなく、一呼吸おいて、

「これは子供のため?自分のため?」と考えながら生活したいです。

 

さいごに

我が家はあっさり育児ではなく、こってり育児なのかもしれません。

それもごてごてソース味!

 

外に働きに出ているお母さんが多いこのご時世です。

「平日ここまで子供と関わっている時間はない」
「子育てはプロの保育士さんに任せればいい」
というお考えの方もいらっしゃるかと思います。

(休日だって掃除に洗濯に、買物だってあるし)

分かります。

 

10人のお母さんがいれば、10通りの子育てがあって当然。

だって育ってきた環境も違うんだもの、違って当たり前。

 

同じ子育て本を読んでいても、同じ子育てサークルに入っていても、同じ幼稚園、保育園入っていても、考え方って人それぞれですよね。受け取り方だって違う。

 

でも、やっぱり「子供と楽しく過ごしたい」「いい関係を結びたい」って気持ちは一緒だと思うんですね。

 

もしこれまで、育児書もたくさん読んできた、子育ての専門の方にもたくさん話を聞いてきた。

でもなんか違う。なんか子供といい関係が結べていない。自信がない。

 

そもそも子供とどう関わったらいいかわからない。遊び方がわからない。

そんな方、挙手!

 

数年前の私です!

大丈夫。変われます!

私も、インプロマインドで試行錯誤の日々です。たま〜に遊びに来てください。

応援して下さると、とてもとても嬉しいです☆彡

ABOUT ME
ミラ子
ミラ子
幼少期「親と遊んだ記憶がない」「いい思い出がない」思い出すのは、思い出したくないようなことばかり。そんな人でも、育児は楽しめるぞってことを伝えたくてこのブログを始めました。