ポジ夫の子育て論

【夫婦メディア】をオススメする理由(今年の抱負に代えて)

子供がお正月に描いた抱負

こんにちは!インプロキッズです!

新年あけましておめでとうございます!

 

『ねんのはじめの1がつです。きあいを、いれてがんばりましょう』

 

一年生の娘(6)の作品。学校から持ち帰った書き初めペンで書きました。

いや~、ほっこりします。どういう気持ちで描いたんだろう。

 

元旦の朝、寝ぼけまなこでよたよた起きてきた私と夫に、壁に飾ってあるこの抱負を指差しながら

 

娘(6)「おいおい気合がはいってないぞー!」

 

誰に似たのか、スパルタな娘です。笑

 

はい!今年も気持ち改めがんばりましょー!

 

【夫婦メディア】について

今年もがんばる!ということで、がんばりたいこのブログのことをお話しします。

 

まず、私はこのブログを、子育てを楽しくする情報を発信し続けるメディアとして構想していました。

※ 「インプロキッズとは」のページをご覧ください。

 

そして、より読者の役に立つにはどうしたらいいか考えていたら、いつのまにか夫婦メディアになっていたんです。

 

たまたまですが、設立は1122(いいふうふ)の日!笑

 

1ヶ月と1週間、子育てを応援するために書いてきて、色々と思ったところを綴ります。夫婦メディアをオススメする理由、です。

 

夫婦メディアを始めて見えてきたメリット、大きく分けるとこんな感じでしょうか。

1️⃣ 「こんなふうに考えてるのね」

2️⃣ 同じ目標に向かえる

3️⃣ 将来のことも考えやすい

 

1. 「こんなふうに考えてるのね」

一緒に子供を育て、同じ生活リズムで暮らしていますが、言ってみれば夫婦は赤の他人。喧嘩にもなります。

 

ただ、違う人間で違うことだらけではあっても、お互い子供への関心は深く、ブログ記事も真剣に書くわけです。

 

読者を飽きさせては何の意味もないですから、いつもの会話より言葉を選んで、1記事ですべてを伝えるつもりで書きます。

 

そんな記事をお互い読み合うと、気づくことがけっこうあるんですよ。

「あ、この人こういうふうに考えてるんだ」

「なるほど、けっこう勉強になる」

みたいな気づきですね。

 

夫も同じだそう。

 

お互いの考えを、今までより深く知ることができる。

夫婦メディアをお勧めする理由として、これは大きいです。

 

2. 同じ目標に向かえる

私は常々、「夫婦として何か目指すものがあったらいいのに」と思っていました。

 

夫は「一緒に子育てをしている。それは同じ方を向いて生活しているということでしょう」と言うのですが、私としては時間を共に過ごすのが夫婦、という思いが強かったんですね。

 

パン屋さんとか、建設会社さんとか、農家さんとか、一緒に何かを営むご夫婦を見るたび「いいな〜♪」と憧れていたのです。

 

夫婦メディア運営では、記事を書いてチェックし合う作業が多いですから、同じ時間を過ごせるのはもちろん、常に目標を共有できます。職場みたいなものですね。

 

同じ目標に向かうための場として、夫婦メディアはかなり優れてるんです。

 

3. 将来のことも考えやすい

コンテンツをチェックし合うことで、お互いの理解を深められ、それを目標に向けていくことで、『インプロキッズ』の将来を描ける。

 

そうすると、その先も見えてくる感じがします。人生をどうしていくか、の話ですね。本気で書いて、本気で手直しし合いますから、なんかもう考えが煮詰まるんですよ。

 

『インプロキッズ』は子供、人間の成長を考えるメディアですから、関わっていると子供と自分の将来のことを考えるきっかけが生まれやすいんだと思います。

 

夫婦メディアをお勧めしたいのは、このように、もっと先を考える足がかりになるからでもあります。

 

さいごに

子供がお正月に描いた絵

今回の記事は番外編というか、子育てのある人生を楽しみましょう!ではなく、夫婦メディアはオススメですよ!という内容でしたが、

 

2018年も『インプロキッズ』の目標は変わりません。今まで以上に子育て中の方に寄り添える記事を書いていきたいと思います。

 

まだまだ発展途上の私たちですが、「いいね」Yes and! があるととても励みになります。

なにかしらクリックしていただけると大変ありがたい!

 

本年もよろしくお願い致します!

 

 

 

 

ABOUT ME
chai
chai
インプロマインドで子供と暮らそう。 子供との毎日は『イエスアンド』でもっと楽しくなる。 を、モットーに発信して生きます。 現役幼稚園の先生である夫、一年生の娘(6)、年少の息子(4)との4人暮らし。 子供の世界ってなんて楽しいんだろう♪を日々発信しています。