育児年表

お風呂を嫌がる子供に対応!【イエスアンドな室内遊び】

駄々をこねる子供

子供をお風呂に入れるの、大変じゃないですか?

私は、けっこう悩まされた思い出があります。

「なんでお風呂に入れるだけで、こんなに時間と労力がかかるの?」
「このお風呂合戦はいつまで続くのー!」

毎日悩んだものです。子供が下の子が4歳になるくらいにやっと落ち着いた感じ。

そう。今まさに悩んでいるお母さん(&お父さん)!大丈夫ですよ!子供の成長とともに、必ず変化があります!

さらに、【イエスアンドな室内遊び】で対応すると、もっと良い成果がでるんです。そんなお話、いたします。

お風呂を嫌がる子には

楽しいオモチャ

定番ですが、お風呂にオモチャを用意しておきましょう。

浴室の壁にペタペタ貼るものコップを積み上げるタイプ。釣りセット…。100均のオモチャでも子供は喜んで遊びます。

我が家もこんな感じのものを置いてました。

お風呂場をスッキリさせたい方には、ちょっと抵抗感があるかもしれませんが…。

入浴剤

入浴剤も楽しいですよね。中からオモチャが出てきたり、ものすごい量の泡が出たり。

娘の誕生日に使った入浴剤はハートが次々浮かび上がるタイプだったんですが、もう大喜びでしたね。

ホームセンターなどで探せば、安くてたくさん入っているセットもあります。気兼ねなく使えていいですよ。

我が家のきょうだいは、日替わりで入浴剤を浴槽に入れる当番を自分たちで決め、「今日は〇〇くんの番~」と楽しそうです。

家にあるもの

特別なオモチャがなくても、例えばペットボトルを持って入るだけで延々と楽しんでいたりします。

むしろ、ほっとくと何でもお風呂に持っていこうとするのが子供ですよね。

温泉ごっこと言ってタオルを持って入る。

ぬいぐるみと一緒に入り、洗ってあげるごっこ。

小学校で使っている水中めがね。

あまりに散らかって困る、というのでなければ、いろいろ挑戦してみると楽しいだろうなぁと思います。

 

もうひと工夫!

インプロマインドでもうひと工夫してみましょう。

上のやり方(オモチャや入浴剤)にこのインプロマインドをプラスするだけで、お風呂の場面はもっと楽しくなります。

インプロマインドとはこのブログのテーマ。「イエスアンド」のスタンスで関わり、子供の気持ちを前に向けていく関わり方のことです。

遊びをあえて延長させる

いろんなパターンがあります。我が家の実例も交えてお伝えしますね♪

 

1️⃣電車ごっこ

電車ごっこをしている子供。

おじいちゃんが好きな子なら「じいじ駅♪」。甘党な子なら「アイス駅♪運転手を代わり合って、いろんなところに行きましょう。子供が満足するまで遊べた頃合いを見計らって、「次はお風呂駅〜♪」とすればいいのです。

うちは「海駅~♪」にするとより盛り上がりますね!水中めがねで潜るのが大好きなので、海のイメージを広げたら喜ぶと思ったからですが、大成功!

娘(6)・息子(4)そろって「海だー!」と走り出し、お風呂の中では海の設定で盛り上がっておりました。そして、ぜんぜん出てこない…。笑

 

2️⃣おままごと

おままごとも分かりやすいですね。おままごとの中でお風呂に入っちゃうんです。

あなたがお母さん役なら「そろそろお風呂の時間よ〜♪」と誘います。子供役であれば「そろそろお風呂に入りたいな〜♪」と、自分から服を脱いでしまえばオッケー。

どんな役でもイケます。

ネコ役になったなら、タイミングを見て「寒いニャ~…。お風呂に連れてってほしいニャ~…」と甘えてみるとか。

いずれにしろ、わざとらしくなり過ぎないのは大切なポイントですね。

 

3️⃣銭湯ごっこ

『のれん』作ってみませんか。一気に銭湯感120%。

うちでも簡単な手作りのれんを脱衣所入り口に下げていた時期がありました。

「いらっしゃい♪お風呂屋さんですよ〜♪」「券がないと入れませんよ〜」なんて言ってると、子供が急いで走ってきたものです。お風呂の中で銭湯ごっこの始まりです。

夕飯~お風呂の流れを詳しく書いてあります。よかったら合わせて読んでみてください。

▼▼▼

猿が温泉に入っている

ごっこ遊びは「イエスアンド」でもっと楽しく!【我が家のお宿ごっこ】

 

例をあげればきりがないのですが、3パターンだけ書いてみました。。

ほんとになんでもいいのです。[marker]遊びの延長で入ると楽しいよ![/marker]って話でした。

 

ちょっと昔の話。

息子が2歳、娘が4歳の時ですね。お風呂の前にジェスチャーゲームをしていました。

母 で順番で私が演者の時に、体をくねらせながらタコの真似をしてみました。

子供たち「タコだー!」(大盛り上がり)

  「タコなのでお風呂に入りま〜す!」

姉(6)「じゃあ私サカナ!」

弟(4)「ぼくはカニー!」

と言う流れでお風呂へ。遊びが充実していれば、これだけでもうまくいくんですね。

 

「イエスアンド」に暮らす

展開は、年齢や普段の遊びでまったく違うと思うのですが、我が家の例もぜひ参考にしてほしいです。

[marker]子供が一生懸命していることに「いいね」と共感していくと、遊びがさらに発展する。結果、お風呂にうまく誘導できる。[/marker]

× 言い聞かせてやらせる
〇 自分でそうしたくなるように後押しする

言うほど簡単でもないんですよね。けっこう頭を使いますし。私もよく失敗します。

それでもやっぱり「イエスアンド」はオススメ!親子関係も、今よりもスムーズに楽しくなりますよ!

当ブログ『インプロキッズ』は、イエスアンドで頑張るお母さんを全力で応援いたします!

 

 

ABOUT ME
chai
chai
インプロマインドで子供と暮らそう。 子供との毎日は『イエスアンド』でもっと楽しくなる。 を、モットーに発信して生きます。 現役幼稚園の先生である夫、一年生の娘(6)、年少の息子(4)との4人暮らし。 子供の世界ってなんて楽しいんだろう♪を日々発信しています。