室内遊び

スマホゲームばかりで困る?そんな時は家族で「テレビゲーム」

スマホゲーム


ゲームはお好きですか?

子供がゲームばかりして困る…。パパも休日にゲームばかり…。子供と遊ぶといったらスマホゲーム・テレビゲームになっちゃって…。

そんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

そんな方にご提案。

何時間したっていい!好きなだけしていい!ゲームをやめなさいなんて言わなくていい!

すればするほど[marker]身体と心と脳みそが活性化する[/marker]テレビゲームのご紹介。

とはいっても、みなさんがイメージするテレビゲームと『インプロキッズ』がお伝えするテレビゲームは、ちょっと違うかもしれません。

お子さんとの時間を充実させたい方、ぜひご覧ください。

インプロマインドを使った『テレビゲーム』のご紹介

この「テレビゲーム」、ルールはいたってシンプル。初めての人でも一緒に盛り上がれます。

【ルール】

全員参加です。

「イエスアンド」の精神で行うこと。
お互いの「いいね」が大事!誰かの発言に「ノー」と言いません。

・[marker]とにかく我を忘れて思いっきり楽しみましょう♪[/marker]

【登場人物】

目の前にいるあなた!と、あなたの隣にいる人です。

【遊び方】
[3人以上いるとより楽しい

1️⃣ 何かをリモコンに見立てて持ちましょう。実際のリモコンでもいいですし、なければ小さな箱だっていい。

2️⃣ まず、視聴者を一人選びます。視聴者は座ります。テレビを見ているかのように。

3️⃣ 残った方は演者。視聴者の希望番組を、[marker]テレビの世界で自由に演じてみましょう。心のままに![/marker]

【例えば】

TV

視聴者「さあ、テレビでも見ようかな」「何かニュースでもやっているかな?」

[marker]合わせて、演者は即興(インプロ)でニュース番組を作り上げていきます。[/marker]

 

一人が座ってニュースを読み始めたら、残った人は隣に座って相槌。評論家になったっていい。

ゲストの社会学者でもいいですよね。私ならADをするでしょうか。

 

視聴者「お、天気予報が始まったぞ」

天気予報番組が始まったら、天気予報のお姉さんをしようかな♪もう一人はの役をしたって面白そうです。

 

視聴者「チャンネルを変えてみよう」「あ、時代劇だ」

ちゃんばらごっこ?東山の金さん?あなたも時代劇スターになって盛り上がろう!

 

バナナ

視聴者「あっそうだ!そろそろクイズ番組が始まる時間だ」


『マジカル頭脳パワー』
覚えてますか?あれ大好きでした!
「マジカルバナナ♪バナナと言ったら〜♪」子供は分からないか。子供どころか、若いお母さんも知らないですよね。笑

こんな感じで、どんどん楽しみましょう。自由な発想で。

 

子供が好きそうな動物番組、アイドル番組、ヒーロー番組、いろいろ思い浮かびそうですね。

おすもうごっこが好きな子供には、「相撲の番組がはじまったぞ!」と提案してみる。

お料理が好きなら、「あ、3分クッキングが始まったわ♪」なんて。

 

[marker]発想力と表現力さえあれば無限に遊べるインプロゲームです。[/marker]

あ、体力気力もけっこういります。笑

 

どうですか?面白そうでしょ!

6歳の娘から始まったこのインプロ(即興)ゲーム。我が家のインプロキッズ達も大盛り上がりでした♪

 

「テレビゲーム」発祥の経緯

お風呂の後の出来事。
長い棒(長いラップの芯くらいの長さ)を渡された母。

息子(4)「おかーさん、戦いごっこしよう!」

イエスアンド!

相手の前に立ち、一礼。

双方共に精神を整え、見合います。

相手の出方を見ながら、円を描くように歩く息子(剣士)と母(女剣士)

竹林

神経を剣の先に集中させます。

「ここだ!」の瞬間、「ヤッ!」と掛け声、刃を交わす剣士と女剣士。

左右上下に剣を振る!僕は剣士だ!母は女剣士だ!

 

映画や時代劇、剣道、いろいろ頭の中で模索して女剣士になりきる私。息子は何をイメージしてるのでしょう。

時代劇の殺陣(たて)を見たことはないはずです。[marker]映像を見たことがなくても想像力で補っているんですね。[/marker]すごいなあ。


母「おぬし、なかなかやるな」「じょうたつしたではないか」
「さきほどのようにはいかぬぞ!」

などと場を盛り上げながら、再び剣をふるいます。

息子との久しぶりの戦いごっこでしたが、ゆっくり間合いを詰める場面、スピーディに戦う場面が上手になっていて驚きました。

 

戦いごっこをしていたら、それを見ていた娘が、そうだ!と黄色いブロックを持ってきました。何だろう?

娘(6)「テレビのリモコン〜♪」「あ〜このテレビおもしろいな〜♪」

と、母と息子(4)の戦いを見ています。

 

テレビゲームごっこテレビを見ている視聴者。リモコンを持って演者を操ります。


しばらくすると、

「ピッ チャンネル変わります!」

驚きの展開!オオーw(*゚o゚*)w

もちろんイエスアンド!


娘(6)「お相撲の番組だ〜!」

娘のユニークな発想に、皆でいいね

見合って見合って〜「はっけよ〜い、のこった!」

相撲ごっこが始まります。こちらも白熱した戦い。

 

娘が頃合いを見計らって、
娘(6)「次はアイカツです♡」

「さぁ〜 ゆこう 光る未来へ ほら〜 夢を連れて〜♪」全員でダンスィン♪

 

クイズ番組ごっこクイズ番組は「アメリカ横断ウルトラクイズ」風

 

この日のラインナップは、動物のドキュメンタリー、ラプンツェルの映画、クイズ番組、漫才でした。

クイズ番組は「アメリカ横断ウルトラクイズ」風。懐かしいですね〜。「私もハワイへ行きたいです!本気で!」これも若い方は知らないですね。完全に年分かりますね。笑

盛り上がり切ったところで就寝時間💤

 

余談ですが、翌朝、息子(4)が起き抜けに「きょうもまた、戦いとかお笑いのテレビゲームしようよ~」と言ってました。
よほど楽しかったのでしょうね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?スマホゲーム、テレビゲームって一度癖になってしまうと制限するのが難しいようですね。

 

私の実の妹の話なのですが…、4歳の息子にスマホをもたせていたら、隙があったらスマホゲームをするようになってしまったんですね。

妹とはいえ、否定するようなことはいいたくないのですが、もったいないな…と見ていて思うのです^^;

 

[marker]まずは30分。脳みそ空っぽにして、身体と心を目一杯使って、子供と遊んで見てください♪[/marker]

明日からはスマホゲームやらなくなるかも!?ですよ☆彡

 

ABOUT ME
ミラ子
ミラ子
幼少期「親と遊んだ記憶がない」「いい思い出がない」思い出すのは、思い出したくないようなことばかり。そんな人でも、育児は楽しめるぞってことを伝えたくてこのブログを始めました。