育児年表

4歳児の遊び!〜子供の不機嫌や反抗はイエスアンドで解決!〜

棒アイス

 

4歳児は、手先も器用になり、言葉もかなり発達してくる時期。

必然的に自分で「したい」「やりたい」欲求が強くなり、思うようにことが進まない場合は反抗がひどくなる時期でもあります。

私たち親がすべきは、[marker]彼らの要求を「イエスアンド」でサポートしてあげること[/marker]だと考えています。

 

今回は我が家の4歳児とのやりとりを例にお伝えできればと思います。

 

4歳男子「アイス屋さんになりたい!」

朝。

棒アイスの棒を見つけた息子(4)が言いました。

「アイス屋さんしよー!」

棒アイスの棒
イエスアンド!

 

幼稚園の準備を早々に済ませ、アイス作り開始!

 

忙しい時間帯ですが、子供の声に聞いてあげることが大切!

ここを適当にあしらってしまうと子供は嬉しい気持ちになれませんので、巡り巡って後々の自分を苦しめることになってしまうんですよね…。

 

アイス屋さんごっこ

棒にくるくると巻くのは、キッチンペーパー

(今回は、実家からの郵送物の中に大量に入っていたものを再利用)

 

アイス屋さんごっこ

色を塗っていきます。

 

アイス屋さんごっこ

カゴの側面に立ててみました。

お!即席にしては、なんかお店屋さんらしくなったぞ!

 

4歳男子「カップのアイスも作りたい!」

イエスアンド!

 

カップの材料はどうしましょう。

廃材の中に使えそうなものがなかったので、

 

アイス屋さんごっこ

トイレットペーパーの芯で作ることに。

▶︎ 芯を半分に切って、折り紙で巻き、厚紙で底をつけました。

▶︎ 中にティッシュをつめて、セロハンテープで表面を覆います。

 

アイス屋さんごっこ

▶︎ セロハンテープの上から色を塗っていきます。

 

アイス屋さんごっこ

カップアイスの出来上がり!

 

そっそくアイス屋さん開店!

4歳男子「いらっしゃ〜いませ〜」

「わ〜おいしそう!イチゴミックスくださいな♪」

 

朝、作り始めてから30分程のやりとり。

この後、「幼稚園のみんなにも食べてもらおう!」と、[marker]満足した顔で家を出ることができました。[/marker]

 

まとめ

時間に追われる毎日ですが、子供の声に「いいね!」と心を向けることは、子供の不機嫌を防ぐ第一歩。

しかし「いいね!」と反応するだけでは、おそらくお子さんの不満はたまるでしょう。

ここにつまずいて悩まれている方をお見かけします。←昔の私でもあります。

 

[marker] 『インプロキッズ』はこの「いいね」の共感の「後」が大事[/marker]と考えます。

それが「イエスアンド」の「アンド」の部分。

 

ここを疎かにしていた時期は、子供がよく不機嫌になってたし、自分も育児を心から楽しめていなかったなあ。

アンド」を意識して接することで、子供との関係がよくなり気持ちも楽になりました。

 

自分に言い聞かせるつもりでもう一度言います。

共感だけでなく、[marker]さらなる提案!頭と心と体を動かしてみてください。[/marker]

お子さんとの関係がグッと変わると思いますよ!

 

少しでも悩んでいる方の気持ちが楽になればと思い、日々更新しています。

今回も読んで頂きありがとうございました☆彡

 

ABOUT ME
chai
chai
インプロマインドで子供と暮らそう。 子供との毎日は『イエスアンド』でもっと楽しくなる。 を、モットーに発信して生きます。 現役幼稚園の先生である夫、一年生の娘(6)、年少の息子(4)との4人暮らし。 子供の世界ってなんて楽しいんだろう♪を日々発信しています。