育児年表

母の悩み「この子には、自分のことを大切に思えるように育ってもらいたい…」

あかちゃんの足とおかあさんの手

 

幼稚園の相談会でのこと。

相談者(30代女性2児の母/年少の女子・1歳の男子)

回答者(経歴40年以上のベテラン先生)

自分の意見と合わせながらお答えします。

 

お母さんの悩み

子供に「共感」することができるようになって、とても嬉しい。だけど、虐待とまでは言わないけれど、自分でもびっくりするくらい強く怒ってしまうことがある…。

周りに気を使いすぎてしまう。人と比べて自分を卑下してしまう。自己肯定感が低い。

「この子には、自分を大切に思えるよう育ってもらいたい…」

お母さんたちは、様々な環境で育ってきました。人によって歴史が違います。
だから人と比べなくていい。[marker]我が子と同じ方向を見て毎日を楽しく過ごせばいい[/marker]のです。
子供に困るお母さんの羊毛人形

悩みを解決!

「自分がいるからこの子はこんなに幸せそう」と毎日思うようにする。

目の前にいる我が子、元気で笑ってますか?幸せそうにしてますか?

そこに自信を持ちましょう!強く自信を持ちましょう!

 

「私がこんな幸せそうな子を産んだのよ!」「そしてこんなにも元気に育てている!」

毎日強く思いましょう!お母さんとしての自己肯定感が高まります。

 

★ 自分のいいところだけを見るようにする。

イエスアンド!

 

よーし、やってみましょう。

 

◯凝った料理はしてないが、朝晩、家族をお腹いっぱいにして、お弁当も作っている。

◯完璧な掃除を毎日はできないが、掃除機がけは好き。

◯文章を書くのが苦手だけれど、気持ちだけは熱い!

◯子供に怒ってしまうことはあるけれど、子供が大好き!

 

子供と作り上げる毎日が大好き!

 

私ごとで失礼しました。あなたのことはもういいよって声が聞こえてきそうです。笑

 

自分のいいところを見るための、おススメの方法があります。

自分のいいところを思うだけでなく、書く

書くことで頭が整理されることが結構あります。

 

ピンクの花

「お手本になろう」と思わない。

「お手本になろう」と思うと辛いですよね。[marker]我が子と同じ方向を見て毎日を楽しく過ごせばいい[/marker]のです。

質問に答えられないとか、小学校高学年だったら算数の問題を解けないとか…。

 

子供が小さい頃のことだけとっても、子供のお手本にならなければと思っていた時期が、私にもあったような気がします。

だって自分がすること、全部真似するんだもん。「この子は私の真似して育っているんだ!」。ものすごい責任感ありません?

 

でも、お手本としての緊張感とは裏腹に、子供がうまく育っていない気がする。下の子にすぐ怒る。ああ愛情が足りていないのだろうか…。私が怒りっぽいから?いいお手本になれてないのか…。そのループ。

 

でもきっと大丈夫。[marker]我が子と同じ方向を向いてさえいれば![/marker]

 

私は子供に関しての悩みはほとんどないです。

(自分に関しての悩みはたくさんあります…)

 

子育ての自信はこれ。

インプロマインドで子供と暮らそう。
子供との毎日は『イエスアンド』でもっと楽しくなる。

このブログのモットー。

 

これが心にあるだけで、ものすごく子育ての自信に繋がってます。

 

まとめ

印象に残った悩み相談だったので記事にしてみました。

3つの解決方法、ぜひお試しいただければ✨

「自分がいるからこの子はこんなに幸せそう」と毎日思うようにする。

★ 自分のいいところだけを見るようにする。

「お手本になろう」と思わない。

 

みんな悩んでて、みんな幸せになりたいと願っている☆彡

 

ABOUT ME
ミラ子
ミラ子
幼少期「親と遊んだ記憶がない」「いい思い出がない」思い出すのは、思い出したくないようなことばかり。そんな人でも、育児は楽しめるぞってことを伝えたくてこのブログを始めました。