国語

新しいじゃんけんを考えよう!【こくご×あそび】

ジャンケン親子

子供と新しいじゃんけん考えてみました!ミラ子(@mirako5555)です!

子供の成長に目を見張る毎日です。1年生も残り2ヶ月!

今日は1年生の娘の朗読の宿題から発展した「新しいじゃんけん」遊びのご紹介。
実際の例も交えてレポートします。

4歳の弟もよく理解して、就寝時間まで盛り上がりました。

じゃんけんやさんをひらこう!【こくご】

こくご(1年生・3学期)

じゃんけんやさん

「じゃんけんやさん」をひらこう(東京書籍)                  はなす・きく

 

教科書の内容をざっと説明しますと↓

 

1️⃣ ジャンケンの仕組みを確かめる。

グーはハサミに勝つ」

チョキは紙に負ける」

パー紙。紙は石を包むから勝ち、ハサミに切られるから負ける」

 

2️⃣ 新しいジャンケンを考えよう。
「ハサミ、紙、石」のように、勝ったり負けたりする組み合わせを考え、みぶりも考えよう。

 

3️⃣ ジャンケンを教える練習をしよう。

新しいじゃんけんをどう説明すると分かりやすいか、考えよう。

 

4️⃣ 「じゃんけんやさん」を開こう。

「じゃんけんやさん」になって、新しいジャンケンを教えてあげよう。

 

新しいじゃんけんを作ろう!【こくご×遊び】

家庭で行ったのは、2️⃣ 番の新しいジャンケンを考えること。

わが家バージョンの「じゃんけん」を創り出します!

エピソード

音読の宿題を終えた後、

娘(6)「何かジャンケン作れないかな〜」

イエスアンド!

 

みなで部屋をぐるっと見渡し考える。

母     「あ、ねずみの嫁入りジャンケンは?」

娘(6)「いいねえ〜」

 

そんな感じで、「じゃんけん作り」が始まりました。

6歳女子と4歳男子で面白可笑しく作りましたよ〜。

 

じゃんけん 1 「ねずみの嫁入りジャンケン」

 

ねずみ ⇒ 壁 ⇒ 人 ⇒ ねずみ…

(ねずみが壁に穴を開ける。壁は硬いので人を寄せ付けない。人はねずみを捕まえる!)

 

◆ ジェスチャー

ねずみ(手をグーにして胸のあたりに。ねずみポーズ!)
壁       (手を大きく広げます。壁ポーズ!)
人       (手を腰に当てて、えっへん。)

 

◆ 発展した遊び

ー ねずみが壁に勝ったら、ねずみが壁を食べに行く!
くすぐりごっこをする感じにしたら楽しそうでした。)

ー 人がねずみに勝った場合は、部屋の中でおにごっこ!

ー 壁が人に勝った時は、「ぬりかべ〜!」と言いながら襲いかかる。

 

これがとても盛り上がりました。

 

じゃんけん 2 「おならジャンケン」

下品で申し訳ないです…。でもかなり盛り上がりました。

息子のオナラに

イエスアンド!

 

わいわい言いながら6歳女子と4歳男子とで考えました。

 

おなら ⇒ くうき ⇒ 人 ⇒ おなら…

からおならが出て、空気がおならを薄め、が空気を吸う!)

書いていてほんとにアホらしいのですが…。

 

◆ ジェスチャー

おなら(お尻からおならが出る様子を手で表現)

空気    (手で雲を作るように、おならが薄まる様子を表現)

人       (空気を吸い込む様子を、口と手で表現)

 

いや、ほんと文字に起こすと…。気分悪くされた方がいたらすいません><!

でも、いつものお風呂タイムよりものすごく楽しかったです!

他にも

誰が読むんだこの記事は。笑


「おうちの人と考えてきてね〜」
ということだったようです。(はやく言ってよ〜笑)

 

こんなの↓は学校でもお友達に発表できそうですね。

おばけ ⇒ 子供 ⇒ 冷蔵庫 ⇒ おばけ…
おばけは子供を驚かし、子供は冷蔵庫を中を物色、冷蔵庫はおばけを凍らせる)

忍者 ⇒ 薬 ⇒ インフルエンザ(菌) ⇒ 忍者…
忍者は薬を作り、はインフルエンザを治し、インフルエンザは忍者をむしばむ)

子供の発想。笑

包丁 ⇒ りんご ⇒ まな板 ⇒ 包丁…
包丁でりんごを切る。りんごはまな板を汚してしまう。まな板は包丁を通さない

ほうほう。

子供 ⇒ 菌 ⇒ お菓子 ⇒ 子供…
(子供は風の子、菌に勝つ。はお菓子を傷ませる。お菓子は子供を誘惑する)

土 ⇒ 水 ⇒ 人 ⇒ 土…
は水を吸い取る。がないと人は生きられない。人は土を掘ってしまう)

発表できなそうな新しいじゃんけん

法律 ⇒ 警察 ⇒ 泥棒 ⇒ 法律…
(法律が警察を規定し、警察が泥棒を捕まえ、泥棒は法律を破る)

子供 ⇒ 夫 ⇒ 妻 ⇒ 子供…
いや、家族に勝ち負けなどない。

子供 子供…
この場は、こうだと言っておこう。

じゃんけんについてさらに詳しく『三すくみ』

3つのものがバランスを保っていることを「三すくみ」というそうです。

ヘビ → カエル → ナメクジ → ヘビ ……
(昔話?)

狐拳:狐 → 庄屋→ 猟師→ 狐 ……
(狐が庄屋を化かし、庄屋は猟師を雇い、猟師は狐を鉄砲で打つ)

歩兵 → 騎兵 → 大砲 → 歩兵 ……
(歩兵の槍衾が騎兵突撃を止め、騎兵突撃は大砲陣地を崩し、大砲の砲撃は歩兵を吹き飛ばす)

象 → 人 → アリ → 象 ……
(象は人を踏み潰し、人はアリを踏みつぶし、アリは象を刺し殺す。)

炎 → 草 → 水 → 炎 ……
(炎は草を燃やし、草は水分を吸い取り、水は炎を消す。ポケモン?)

剣 → 斧 → 槍 → 剣 ……
(剣は斧に強く、斧は槍に強く、槍は剣に強い。)

皇帝 → 市民 → 奴隷 → 皇帝 ……
(皇帝は市民を支配し、市民は奴隷をこき使うことで生計を立て、奴隷は捨て身の行為で皇帝に襲いかかる。)

(引用:wikipedia)

おもしろい!

発想次第でオリジナルじゃんけんがたくさんできそうです。

新しいじゃんけん作りのまとめ

「新しいじゃんけん作り」おすすめです。わが家でも、思いのほか盛り上がりました。

ジャンケンを作るには、物と物の関係をものすごく考えるので、フル回転で頭を使います。

母は考えすぎて頭こんがらがり、若干頭痛くなりました…。

普段使わない部分の脳みそ(前頭葉)を使った証拠です。大人も脳トレ!

子供の方が、すんなり説明できたりしますよー。(うちだけか!?)

 

4歳男子も寝るまでつぶやいていましたよ。

息子(4)「人はソファに座るよね!ソファの負けだねえ!」

「テーブルの下に隠れると見えちゃうよね!テーブルの方が強いねえ!」

4歳ワールド炸裂!

 

さあ明日も見てくれるかな〜?(サザエさん風)
「じゃーんけーんぽーん!」

 

ABOUT ME
ミラ子
ミラ子
幼少期「親と遊んだ記憶がない」「いい思い出がない」思い出すのは、思い出したくないようなことばかり。そんな人でも、育児は楽しめるぞってことを伝えたくてこのブログを始めました。