育児年表

【不登校】小学生でも?不登校克服のためのインプロアプローチ

我が子が不登校になったら?

不登校、そもそも何が問題?

不登校予防のために、
不登校を克服するために、
今できることは?

 

そんなことを考えるエントリです。

「不登校になったのが自分の子供だったら」と想像して、本気で書きました。ぜひお付き合いください。

不登校は何人に1人?

文部科学省の発表(2016年度)によると

不登校の小学生は全国で31,151人。

小学生は全国で6,491,834人だそうなので、208人に1人が不登校

もう少しだけ数字を追うと、

小学1年生では1,500人小61万人
中学生は33人に1人。ほぼ1クラスに1人。

 

学年が上がるほど増えてます。

また、年度によって増減しながらも、結局は増えてますね。2006年度は302人に1人でした。

 

自分の子供が不登校になったら?
そうならないようにするには?

と考えておくのは、決して無駄なことではありません。

不登校の何が問題か

とは言いましたが、ある意味、[marker]不登校は人生に関わる大問題ではありません[/marker]。

 

学校の勉強が遅れても、気にし過ぎないでください。

 

発達心理学の見方では、[marker]社会の中に居場所を見つけていく時期が小学生時代[/marker]。

小学校の役割って、これなんです。本来は。

 

勉強を教える、

ではなく、

それを身につけ、社会でどう生きるかを共に考える、

のが小学校。

 

確かに

勉強できる=いい大学=いい企業=いい人生

の方程式は、まったくの間違いというわけではありません。大企業の方が休日や賃金の面で恵まれている部分はありますから。

 

一方で、こんな話もあるんです。
不登校になった小学生の女の子 自宅で趣味の才能を磨く姿に称賛の声

不登校になった小2の女の子が、大好きな裁縫の腕を磨き、自信を深めていく話。

僕はこっちのストーリーの方に、より強い希望を感じます。

小2の娘さん作。ハット、リボン

※ 写真は上記サイトより

写真左上の帽子なんて、売り物のクオリティーじゃありませんか?すごい!

これを追求していけば、ほぼ確実に、社会の中に自分の居場所ができていくでしょう。

 

小学生の時期の人間として、もっとも理想的な発達を遂げられるんです。

発達心理学的には、こういうのを幸福と呼びます。

 

大人のしっかりした援助が欠かせませんから、簡単ではないですけどね。

ただ単に学校をサボるのとはわけが違います。

 

で、

不登校の何が問題なの?と聞かれれば、

 

勉強が遅れること

ではなく、

社会の中で居場所を見つけづらくなること

であって、

 

別の手段で居場所を作っていければ、不登校自体は問題じゃないわけです。



不登校の原因

上のように考えると、不登校の原因の1つは、居場所がないと感じることだと推測できます。

 

もちろん、一概にまとめられません。いろいろな要素が絡んでいますからね。

試しに、「不登校 原因」で検索すると

不登校の8つの原因
不登校の3大要因
7つのタイプ別、不登校の乗り越え方

みたいな記事がジャンジャン出てきます。

 

それでもやはり、不登校の原因は「居場所がない感じ」に集約されるんです。

いじめ(暴行・恐喝)
勉強不振
金銭的問題

どれも今ココにいられない状態ですよね。

 

家庭環境から来る不安で不登校になるのも、やはり学校を自分の居場所と感じられないから。

 

なお、学年ごとに不登校の原因を分けている人がいますが、アレたぶん無意味です。年齢に関わらず根本は同じなんですよ。

学校の人間関係・勉強・生活から、未来を読み取れないんです。

今すでに楽しくない。
将来マシになる見込みがない。

それで不登校になる、そう言えるでしょう。



不登校への対応、どうすればいい?

学校に通う必要はない、みたいに伝わったかもしれませんが、そんな単純な話ではありません。

学校は、ちゃんとしてます。

勉強以外の体験も、たくさん積めるんです。

 

娘(小1)の毎日を見ていても、そう思います。

「学校のいろいろが身につけば、勉強以外の面でも社会に居場所を見出していけそうだな」って。

 

だから、無理やり通わせる必要はないというだけで、不登校にならないに越したことはないんです。

 

では、どうすれば無理やりでなく、楽しく通えるようになるのか?

幼稚園・保育園時代からできることは何か?

 

それが「インプロアプローチ」。

このサイトが訴える、人間関係を楽しくする方法です。

 

今すでに不登校である場合と、数年後の不登校が心配される場合とで分けて考える必要はありません。

 

お子さんが6、7歳であっても、

3、4歳であっても同じ。

 

[marker]その言動に「イエス!」と応じる[/marker]こと。

そうすることで形に現れる気持ちを、さらに高めること。

 

幼児であれば、意欲的・主体的に、よく遊ぶ。

そんな生活を積み重ねることで、「何かに向かって意欲的・自主的に進んでいく」姿勢が身についていきます。

 

小学生になっていても同じ。

遊んでばかりはいられないでしょうが、
・意欲を持って始められることを
・最後までやりきれるよう援助する
という生活を送りたいところです。

 

通わないという選択肢(むすびに代えて)

学校は、さほど悪いところではない。

と↑でお伝えしたわけですが、

 

「通わない」のもアリだと思います。

 

保護者が状況を見極める必要はありますが、「現状では居場所を作れない」と判断されるようなら、学校ではない手段で居場所を作らなければなりません。

学校はあくまで手段なので。

 

上で紹介した小2女児の話なんか、すごくわかりやすいですよね。

 

「学校に行きたくないっ!!!」

「這ってまで行くよーなとトコじゃないよ。休め休め」

 

それで裁縫のお店、そこで困らないように算数の勉強、と、意欲的・自主的な生活を送っているわけです。

親の判断とバックアップの元で。

 

これは生半可なことではありませんが、子供の充実した人生を考えると、やってみる価値は大きいです。

反対に、親子が本気で挑戦するなら、こんなに楽しい人生もないだろうな、とすら思いますよ。

 

今回も、お読みくださってありがとうございました。

 

ABOUT ME
u
u
chaiの夫。理屈っぽいのをたしなめられながら、たまに記事を書いてます。幼稚園教諭として日々の経験から得た知恵を、すべてこの『インプロキッズ』に込めます。 また、行動分析も精神分析も大好きな、心理学大好きっ子。インプロ的子育てに役立つエピソードをお届けできればと思います。