心理学から学ぶ【心の取扱説明書】

小学生も【不登校】になる。克服のためのインプロアプローチとは?

小学生・不登校
ポジ夫
ポジ夫
不登校でも、問題ありません。

無責任に「学校なんか行かなくていいよ」という話ではありませんよ。

「自分の子が不登校になったら…」。親の視点で掘り下げていきますね。

不登校は何人に1人?

不登校の人数
文部科学省の発表(2016年度)によると、不登校の小学生は全国で31,151人

小学生は全国で6,491,834人だそうなので、208人に1人が不登校

小学校低学年から高学年へ。
小学校から中学校へ。
年齢が上がるほど不登校も増えます。

ちなみに、中学生は33人に1人

ポジ夫
ポジ夫
ほぼ1クラスに1人か…。
ミラ子
ミラ子
しかも年々増えてるみたいだね。

2006年度は小学生「302人に1人」に対し、
2016年度は「208人に1人」。

不登校にならないようにするには?
不登校になったらどうする?

そう考えておくのは、無駄なことではありません。

不登校の何が問題か

「我が子が不登校になったら?」考えておきましょう、とは言いましたが、

ポジ夫
ポジ夫
不登校は人生に関わる大問題ではありません

不登校を問題視しなくていい理由

不登校を問題視しなくていい理由を発達心理学の立場から説明すると

小学生時代=社会の中に居場所を見つけていく時期

だから必ずしも学校に行かなくていい、です。

ポジ夫
ポジ夫
小学校の役割って、これなんです。本来は。
ミラ子
ミラ子
子供に勉強を教える場所じゃない、ってこと?
ポジ夫
ポジ夫
そう。社会に役立つ技術を身につけられるよう援助するのが学校。

不登校を心配し過ぎる必要はない、というのはそういうことです。

大切なのは、誰かのためになる力をつけること

それによって自分の居場所を作っていくこと

それって学校でしかできないことですか?

そんなことありませんよね。

ポジ夫
ポジ夫
ジブリ作品『耳をすませば』に天沢聖司って男の子がいたでしょ?バイオリン職人を目指してたよね。彼は中学生だけど。
ミラ子
ミラ子
確かに、聖司くんは学校関係なしにバイオリン作りで誰かを喜ばせるだろうね!

小2作の帽子が、神がかってる

確かに勉強は大切ですが、一方でこんな話もあるんです。
不登校になった小学生の女の子 自宅で趣味の才能を磨く姿に称賛の声

不登校になった小学2年生の女の子が、大好きな裁縫の腕を磨き、自信を深めていくエピソード。

僕はこのストーリーに強い希望を感じました。

小2の娘さん作。ハット、リボン

※ 写真は上記サイトより

ポジ夫
ポジ夫
この帽子、もはや売り物のクオリティー

これを追求していけば、社会の中に自分の居場所を作っていけるでしょう。

小学生の時期の人間として、もっとも理想的な発達です。

本気でうらやましいくらい。

発達心理学的には、こういうのを幸福と呼びます。

 

もちろん大人のサポートが欠かせませんし、学校ほどノウハウが確立していないので、簡単ではないですけどね。

この女の子の場合も、ご家庭ではとんでもない努力や苦労があったと思います。

不登校の原因

ポジ夫
ポジ夫
不登校の直接の原因の1つは、居場所がないと感じることだと言われます。
ミラ子
ミラ子
いじめ(暴行・恐喝)、お金の問題、学業不振…。

どれも今ココにいられない状態ですよね。

いろいろな要素が絡んでいますが、結局は居場所がないと感じることで不登校になるんです。

 

なお、不登校の原因を学年ごとに分けて考えることがありますが、たぶん無意味です。

ポジ夫
ポジ夫
年齢に関わらず根本は同じだからね。
ミラ子
ミラ子
学校の人間関係・勉強・生活に未来を感じられないから不登校になるんだよね。

「今すでに楽しくない」
「将来マシになる見込みがない」

それでは学校に行きたくなるわけがありませんよね。。

不登校への対応、どうすればいい?

一応、学校は大切なところ

基本的には、学校には通った方がいいです。

勉強以外の経験もたくさん積めるからです。

 

娘(小2)を見ていても思います。

ポジ夫
ポジ夫
楽しく学校に通い続ければ、勉強以外の面でも居場所を見出していけそうだよな~。

 

というわけで、無理やり通わせる必要はないけれども、不登校にならないに越したことはないんです。

楽しく学校に通えるように

では、どうすれば楽しく通えるようになるのか?

幼稚園・保育園時代からできることは何か?

 

ポジ夫
ポジ夫
それが「インプロアプローチ」!
ミラ子
ミラ子
このサイト『親子プラス』おすすめの、人間関係を楽しくする方法だもんね。

 

お子さんが6、7歳であっても、

3、4歳であっても同じ。

子供の気持ちに「イエス!」と応えること。

充実した気持ちを、さらに高めること。

 

幼児は特に、意欲的によく遊ぶことですね。

 

小学生も同じ。

遊んでばかりはいられないでしょうが、

ポジ夫
ポジ夫
意欲を持って何かを始められるように助ける!
ミラ子
ミラ子
最後までやりきれるよう援助する!

そうすれば、前向きな気持ちが強くなります。
居場所を作る努力も、楽しくできるでしょう。

通わないという選択肢(むすびに代えて)

学校には、基本的には通うべき。

と↑で書きましたが…、

ポジ夫
ポジ夫
通わない」選択もアリだと思います。
ミラ子
ミラ子
学校以外に居場所を作ればいいんだもんね!

 

小学生の時期、それが心の発達の最優先課題。

学校は、単なる手段。

他の手段を選んだっていいのです。

 

上で紹介した小2女児の話なんか、すごくわかりやすいですよね。

「学校に行きたくないっ!!!」

「這ってまで行くよーなとトコじゃないよ。休め休め」

 

「裁縫のお店を開きたい」

「お店で困らないように算数の勉強をしよう」

と、意欲的な生活を送っているわけです。

親のサポートあってこそ、ですが。

 

苦労の多い道ですが、子供の充実した人生を考えると、やってみる価値は大きいですよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ポジ夫
ポジ夫
現役幼稚園の先生。いかに意欲的な子供を増やすか考える日々。心理学、特にエリクソンが大好きで、日本で一番ライフサイクル・モデルに詳しいと言い張っている。恵まれた幼児期を過ごした能天気&超ポジティブ男だが、のんき過ぎてパートナーのミラ子に叱られてばかり(でも全然気にしていない)。