ごっこ遊び

やぶさめごっこがしたい!子供と家の中で馬になる!

やぶさめ

【流鏑馬(やぶさめ)×ごっこ遊び】

 

わたくしインプロ母。6歳女子と4歳男子と一緒に「インプロライフ」を楽しんでおります。

今回は 4歳男子流鏑馬(やぶさめ)がしたい!」の巻!よろしくどうぞ。

 

エピソード

今月の市報、表紙の写真が流鏑馬(やぶさめ)でした。

やぶさめイラスト

流鏑馬(やぶさめ)とは…

流鏑馬(鏑流馬、やぶさめ)とは、疾走する馬上から的に鏑矢(かぶらや)を射る、日本の伝統的な騎射の技術・稽古・儀式のことを言う。

(引用:Wikipedia)

かっこいいですよね~。

 

母        「わ〜!昨年 流鏑馬(やぶさめ) 見に行ったねえ」

息子(4)「おかーさん的になってー」

 

母(的)     「はいよっ!」(頭の上に両腕で丸=的)

息子(射手)「パカラッパカラッ!」(馬の真似で部屋を一回り)

 

そして矢を放つ!

母(的)     「パーン!」


※ 矢に合わせて「パカッ!」「パーン!」とか言いながら、的が割れるのを表現します。by 夫画伯

 

昨年流鏑馬(やぶさめ)を見た後、一時期わが家で流行った遊び。

子供たちが思いついたのでした。しっかり覚えてますね。

 

会場が近かったこともあり、翌日、その広場で流鏑馬ごっこをしました。

流鏑馬では、馬が砂の上を走るんですよね。蹄(ひずめ)を痛めないようにでしょうか。

 

流鏑馬の日に合わせて大量に運び込まれた砂が、翌日もそのまま残っていて、子供たち大喜び。

 

馬になって走る走る!

何往復でも走る!

行ったりきたり、そりゃあ楽しそう。

 

しまいにゃ裸足で転げまわり…

ええ、ご想像通り大変でしたよ、連れ帰るのが。

砂まみれの3歳と5歳。

帰宅後も服からは大量の砂・砂・砂!

 

脱線しました(^^;;

 

その時に考え出されたのが、先ほどの遊び。

矢が当たって板が割れるのが相当おもしろかったようです。

 

やぶさめごっこの更なる追求

息子(4)こうゆうの作りたい!」←弓矢のジェスチャーしながら。

イエスアンド!

今日は娘(6)に一足先を越されました。

 

新聞紙を固く丸めた棒を力ずくで折り曲げて、輪ゴムを5本つなげ、棒につけてくれる娘。

やるなインプロ娘!

 

弓矢の工作

 

それに合わせて母も

イエスアンド!
弓矢の工作

(左)弓
(右)矢

新聞紙を細く丸めて即席で矢を作ってみました。即興で意欲が実現していきます。インプロ工作!

矢の、弦に引っ掛けるところに切れ込みを。

矢尻(先端)にはティッシュで重みを。(プラス、危なくないように)

 

やぶさめごっこ

試し打ち。良さそうです。

やぶさめごっこ

お姉ちゃんも。

 

でも、いまいちまっすぐ飛びません。(大人はバランスを考えればうまく飛びました)

もうちょっと工夫したいなぁ。

 

さあ、やぶさめごっこ開始!   

「パカラッパカラッ」と部屋の中を1周回りながら弓を放ちます。

途中、馬の鳴き声「ひひひ〜んブルブルブルっ」

家族みんなで交代交代。 馬 兼 射手 となり遊びました。

 

やぶさめごっこの課題

今度は馬を作りたい!

子供も扱いやすい弓矢も。

 

まとめ

最近、遊びのフォローをしてくれることが増えた6歳娘。お母さん的な役割ですよね。

今回であれば、弓の工作もそうですし、

・息(4)が途中で飽きた的の色ぬり
・放った矢を拾う役

も、言わなくても即座にしてくれていました。

「ここに置いておけば、次に使いやすいかな?」なんてとっさに考え、行動するわけです。

 

こういうのに地味に感動するのです。

 

今日もお付き合いありがとうございました。

インプロ母でした☆彡

 

 

ABOUT ME
ミラ子
ミラ子
幼少期「親と遊んだ記憶がない」「いい思い出がない」思い出すのは、思い出したくないようなことばかり。そんな人でも、育児は楽しめるぞってことを伝えたくてこのブログを始めました。