ごっこ遊び

船ごっこがしたい!身近なものを使って工作。ごっこ遊びを盛り上げよう!

帆船

【船乗り×ごっこ遊び】

 

わたくしインプロ母。6歳女子と4歳男子と一緒に「インプロライフ」を楽しんでおります。

今回は インプロキッズ「船乗りになりたい!」の巻  。よろしくどうぞ!

エピソード

週末に、家族でちびまる子ちゃんの映画を見ました。

劇場用映画『ちびまる子ちゃん 大野くんと杉山くん』(1991)

 

まるちゃんのクラスメイトの大野くんが転校することになり、お別れ会をすることに。
そこが名シーンなんです。

長くなってしまいますので省略しますが、その場面についてはこちら。[getpost id=”3353″]

映画ちびまるこちゃん
お別れ会で『船乗りの即興劇』が行われるんですが、その劇で見たを作り始めたのが、今回の遊びのきっかけです。

舵を作ろう!

映画を見ながら「あの舵作れないかな?」と隣で作り始めます。


▶︎ 新聞紙を2枚を半分の大きさに。
▶︎ 棒を4本作ります。
▶︎ 2本ずつ毛糸で固定します。

 


▶︎ さらに×(バッテン)同士を固定します。

▶︎ 棒を追加で作り、輪にして、それをバッテンと固定。
▶︎ はみ出た部分を折り曲げ、テープで固定しました。

 


即興でができました!

 


映画を見終わり、さっそく家具を並べ替えます。船を作っているようです。

舵も気に入ってくれた様子。

幼稚園の帽子を折り曲げて、船長さんの船乗り帽に。

姉(6)も、双眼鏡を持ち、体育帽を被って船員に変身。

 

さっそくインプロ!


娘(6)「イカリを下ろせ〜!」「帆をあげろ〜!」


船乗りごっこが始まりました。


さっそくインプロ!


になって通り過ぎる!

「ぶつかる〜〜〜!」とハンドルを回す息子。

次は

次は小舟。そしてモーターボート

しばらくそんなやりとりを続けていたら。。。

 

舵の取り付け!

息子(4)「自動運転にしたい!」


どうやら、船の操縦から離れ、魚釣りがしたいようです。


自動操舵のイメージで舵を固定して見たけれど、
「あ”!結ぶと舵が切れない!」


筒と筒でいい感じに回るように。

こういう仕組みです↓


船長交代!

ようやく交代してもらえて、嬉しそうな娘(6)。
最初から船長がしたかったけれど、我慢してくれていたみたい。ありがとうね~。

 

他にも盛り上げグッズを作ろう!

双眼鏡

▶︎ トイレットペーパーを、折り紙で包みます。
▶︎ セロハンテープで、2つを固定します。
▶︎ リボンをつけて首からかけられるようにすれば、簡単!双眼鏡!

浮き輪

▶︎ 梱包用プチプチを適当に丸めたらば、簡単!浮き輪!

浮き輪は救助用のつもりでしたが、優雅に泳ぐのを楽しんでおられました。
こんな簡単なものでも、自分の思いが形になるってだけで、子供は満足するんですよね。

まとめ

今回は、身近な素材(新聞紙/毛糸/トイレットペーパー/リボン/梱包材プチプチ)などを使って、船ごっこを盛り上げてみました。

即興で作った、工作とも言えないような手作りおもちゃでも、子供は嬉しいものです。
お父さん・お母さんが作ってくれるのが、何より嬉しいのでしょう[getpost id=”545″]

 

息子(4)「これヘリコプターにもならない?」(舵を使いたい)

それは遊びには発展しませんでしたが、一つの手作りおもちゃからどんどん発展すると楽しいですよね。

 

翌日も、船を改造して船ごっこの続きをしておりました。

息子(4)の船ごっこの横で、娘(6)が粘土遊び。

 

白い粘土で粘土遊び
インディアンごっこ船ごっこの合わせ技作品です。
これ全部クッキーってこと。

インディアンクッキー屋さんとして、この日は船ごっこの横で遊びました。
葉っぱ、よく考えたよね〜。

これ見てたらドリームキャッチャーが作りたくなった母でした☆彡

 

ABOUT ME
chai
chai
インプロマインドで子供と暮らそう。 子供との毎日は『イエスアンド』でもっと楽しくなる。 を、モットーに発信して生きます。 現役幼稚園の先生である夫、一年生の娘(6)、年少の息子(4)との4人暮らし。 子供の世界ってなんて楽しいんだろう♪を日々発信しています。