ポジ夫の子育て論

【小学生の塾】いつから?そもそも必要?一番基本の考え方

2児の父、兼、幼稚園教諭。
僕ですこんにちは。

 

塾に通わせるのは何年生からがいい?
そもそも小学生に塾は必要?

子供が小学生になり、悩んでいませんか。

 

このエントリの結論としては

「基本的には必要ないよ!」
「もし通うなら4年生から!」

です。

続きは↓

何割が塾に通っている?

小学生がどれくらいの割合で通塾しているか、まずは見てみます。

文部科学省のデータ(国の発表)では↓

小学1年生:15.9%
小学2年生:19.3%
小学3年生:21.4%
小学4年生:26.2%
小学5年生:33.3%
小学6年生:37.8%

中学1年生:45.1%
中学2年生:50.9%
中学3年生:65.2%

 

ちょっと古い2008年の調査なのですが、国のデータとしてはこれが最新のようです。調べたけど他には出てきませんでした(2018年現在)。

 

日本全体を見た時の数値は↑のような感じ。

体験談も少し。

僕の小学校・中学校時代を思い出すと、塾通いの友人はもっと少なかった気がします。

当時は埼玉県に住んでいて、都市部と田舎の真ん中という感じの地域で、小・中どちらも公立でした。

公立か私立かで通塾率には差が出るでしょうし、住んでいる場所による違いも大きいでしょうね。

【目的別】いつからどんな塾に

このエントリとしては「塾は基本的に不要」という立場なのですが、

絶対必要」という考え方も理解できます。

 

その場合は「通塾はいつから?何年生から?」という話になります。

これは目的別に考えなければなりません。

 

ご存じのように、小学生対象の塾は、大きく2つに分かれます。

補習のための塾:学校の授業をより理解したい人向け
進学のための塾:受験対策中心

補習塾と進学塾に通う小学生の割合

 

小学生全体の通塾率:36.5%

 

↓内訳
補習塾:15.2%
進学塾:14.3%
(その他:5.9%)
※ 計算の都合で合計は一致しません。

 

そして、通塾率の地域差、やっぱりあります。

 

(大都市)小学生の通塾率:51.6%
また、都市部では進学塾が選ばれてます。

 

補習塾:14.1%
進学塾30.5%
教育格差、なんて言葉も浮かんできます。

補習塾なら、学校の授業に追いつきたいタイミング。

進学塾なら、希望する中学校の受験に間に合うタイミング。

それが通い始めるべき時期、ということになりますね。

 

最初にもお伝えしましたが、補習塾にしろ進学塾にしろ、通うなら小学4年生(※)からにすべき、というのがこのエントリの結論。
※ わかりやすく小4としていますが、かなり個人差があります。

と言うと、こんな声が聞こえてきそうです。

補習塾は、早めに通い始めないと勉強が遅れちゃうんじゃない?」
受験勉強を始めるのが早いほど有利なんじゃない?」

一理あります。

 

ですが…、

小学4年生までの学習内容なら、家庭で補えます。

小学4年生までの学習内容を固めておけば、そこから中学受験を目指しても間に合います。

 

脳の発達を考えても、

 

別角度から言えば、

小4から塾に通うプラン」でダメな場合は、そもそも塾に通って済む問題ではないかもしれない、ということです。

家庭環境に見直すポイントはないか?
友人関係に不安はないか?

その場合は、塾通い自体がお子さんの負担になる恐れありますので、早めに通わせるどころの話ではなくなってくるんですよ。

下でも書いてますが、やる気を失わせる要因を取り除くのが先かな、と。

塾ありきでは解決しないことがある。
大切なポイントです。

「塾不要」の理由【事例あり】

なぜ「塾は基本的に不要」?

僕も小学生の親です。

 

子供が授業をよく理解している方が、勉強がつまらなくて暗い顔をしているより嬉しい、というのは理解できます。

というか僕もそうです。

それが学校のペーパーテストに反映されていると思えば、そりゃ点数が高い方が望ましい。子供が充実を感じ、それによって親も嬉しい。

その結果として、難しい入試に挑戦したってもいいと思います。

 

でも、大切なのはそこじゃありません。

 

小学生の時期は、子供にとってどんな意味があるのか?

[marker]小学生の時期の発達課題は、社会の中に自分の居場所を見つけ出していくこと。[/marker]

 

自分の身につけようとしている力が社会でどう位置付けられるのか、を感じられないと燃え尽きます

何となくでもかまいません。
子供は、自分が成長していく方向を掴みたいんです。

 

それがないまま塾に通っても、得るものは小さいです。

「塾は基本的に不要」の意味は、これですね。

 

今している勉強が、どういうふうに人の役に立つか、わからない。

それならスポーツでも音楽でも、少しでも充実を感じられることをしましょう。

楽しいことがない?探しましょう。

おそらく、それが先。

そして、その「充実を感じられること」は塾とは結びつかないことが多いんです。少なくとも小学生くらいでは。

「充実を感じられること」を見つける

必要なら通塾

それで間に合いますよ。

【事例】娘(6)vs. 宿題

我が家では、小学1年生の娘が宿題に苦労しています。

 

内容がわからないからではありません。

やる気が起きないんです。

算数の計算問題が並んだプリントを、長時間もてあそんで過ごします。

 

でも、気持ちが乗って解き始めると、けっこう早い。

 

先日も、何かの拍子でスイッチが入って、いい調子で宿題を終わらせまして。

就寝前には「明日の宿題が楽しみで仕方ないよ~」と、心から幸せそうに呟いていました。お調子者です。僕に似たのでしょう。

直前までは「宿題をやらせようとするなんて、お父さんもお母さんも信じられない!」とか言って、プリプリ怒ってたんですけどね。

 

子供は、というか人間は、やる気があればけっこういろいろなことができます。

うちの子供の例をすべての子供に当てはめるつもりはありませんが…、小学4年生くらいまでの算数は、やる気だけで解けるんです

 

ついでに言えば、

充実して遊び込む経験をたくさんする
(挫折や葛藤を乗り越え、目的に向かう、という経験を重ねる)

勉強するのでも、目的に向かって楽しく努力できるようになる

(まさにインプロ生活)

充実の経験×積み重ね=目標を達成する熱意
という方程式は絶対的なものですから、手前味噌ですが、そういう遊び方を追求するこの『インプロキッズ』は、けっこう存在価値があるなぁと笑。

塾に通った方がいいのは

「塾は基本的に不要」なだけで、「通った方が幸せになれる」というケースもありますよ。

代表的なものを3つ挙げてみます。

夢と結びついている

そこでする勉強と将来の自分の居場所が明確に結びついているなら、ぜひ塾に通いましょう。

上で話したことの反対です。

 

小学生が憧れる職業…。何でしょう?

いくつかの調査を見ると
・スポーツ選手
・医師
・警察官
などは必ずランクインしていますね。
参考→日本FP協会第一生命クラレ

それに近づくために塾に通うのは、もちろんアリです。

 

憧れの対象は、具体的な職業に限りません。

どんな人の役に立ちたいか」、「どんな商品・サービスを扱いたいか(作ったり売ったり)」といった、漠然とした憧れでも、思いが強ければいいんです。

変わっていってもいい。

小学生が知っている職業はそんなに多くありませんし、憧れがボヤっとしているのは自然なことです。

 

そのようにイメージした未来と、塾で学ぶ内容は、足並みがそろっていますか?

それならぜひ塾通いをおすすめしたいです。

中学校が荒れている

割と例外的ですが、学区の公立中学校が荒れている、などの時も、進学塾→私立中学校という進路もアリだと思います。

暴力的な環境ではそもそも何もできないですから、将来の居場所を固めていくためにも落ち着いて打ち込めるところに行かなくてはいけません。

家に誰もいない

単純に家が留守がちだから、という時。

両親が外で職を持っていて、家に誰もいない。子供が過ごす空間として塾を利用する、というご家庭もあると思います。

これは、女性の社会進出などとも絡み、複雑な話ですが、まぁとりあえずは「塾に通った方がいい」状況と言えるでしょう。

まとめ

子供が身に付けつつある能力(この場合は勉強できること)が、
①社会の中で誰かの役に立ち
②かつ子供がそれを嬉しいと思う
のであれば、塾通いはむしろすばらしいことだと思います。

それにしても
「基本的には必要ない
ですし
「もし通うなら4年生から
がいいでしょう。

お子さんにピッタリ合うスタイルを見つけてあげてくださいね。

ABOUT ME
u
u
chaiの夫。理屈っぽいのをたしなめられながら、たまに記事を書いてます。幼稚園教諭として日々の経験から得た知恵を、すべてこの『インプロキッズ』に込めます。 また、行動分析も精神分析も大好きな、心理学大好きっ子。インプロ的子育てに役立つエピソードをお届けできればと思います。