心理学から学ぶ【心の取扱説明書】

【小学生の塾】いつから?そもそも必要?一番基本の考え方

小学生・塾
ポジ夫
ポジ夫
ポジ夫(@posiotto)です

塾に通わせるのは何年生からがいい?
そもそも小学生に塾は必要?

悩みますよね…。

当サイト『親子プラス』としては

ポジ夫
ポジ夫
「基本的には必要ないよ!」
「もし通うなら4年生から!」
と考えております

何割が塾に通っている?

小学生の塾通いはどれくらいの割合?
まずは見てみます。

文部科学省のデータ(国の発表)では↓

小学1年生:15.9%
小学2年生:19.3%
小学3年生:21.4%
小学4年生:26.2%
小学5年生:33.3%
小学6年生:37.8%

中学1年生:45.1%
中学2年生:50.9%
中学3年生:65.2%

ちょっと古い2008年の調査。新しいデータは少ないようで、調べてもあまり出てきませんでした(2018年現在)。

 

ポジ夫
ポジ夫
体験談も少し

僕の小学校時代、塾通いの友人はもっと少なかった気がします。

当時住んでいたのは埼玉県に住んでいて、都市部と田舎の真ん中という感じの地域で、公立の小学校でした。

全体で見ると私立、都市部であるほど通塾率が高いそうです。

ミラ子
ミラ子
塾に通う人が少ない環境だったってことだね

【目的別】どんな塾に?いつから?

当サイト『親子プラス』は「小学生の塾通いは基本的に不要」という立場なのですが、

塾は必要」という考え方も理解できます。

塾に通わせたい派「どんな塾に?」

通わせるとしたらどんな塾にするか?

小学生対象の塾は、目的別に大きく2つに分かれます。

補習のための塾:学校の授業をより理解したい人向け
進学のための塾:受験対策中心

補習塾と進学塾に通う小学生の割合

小学生全体の通塾率:36.5%

↓内訳
補習塾:15.2%
進学塾:14.3%
(その他:5.9%)
※ 計算の都合で合計は一致しません。
ポジ夫
ポジ夫
↑補習塾と進学塾、通う人の割合は同じくらいなんですね
通塾率の地域差
やっぱりあります。
(大都市)小学生の通塾率:51.6%
また、都市部ほど進学塾が選ばれるようです。

 

補習塾:14.1%
進学塾30.5%
教育格差、なんて言葉も浮かんできますね。

あなたのご家庭は、どちらでしょうか。

ミラ子
ミラ子
補習塾に通うべき人が進学塾を選んじゃうと、勉強の進む早さが合わなくてしんどいだろうね
ポジ夫
ポジ夫
逆もあるよね。自分に合った塾を選ぶのが大切ってことかな

塾に通わせたい派「何年生から?」

塾の種類が決まったら、次は「いつから?何年生から?」という話になります。

ミラ子
ミラ子
補習塾なら、学校の授業に追いつきたい時
進学塾なら、希望する中学校の受験に間に合うように

それが通い始めるべき時期でしょうか。

ただ、最初にもお伝えしましたが、補習塾にしろ進学塾にしろ、

ポジ夫
ポジ夫
「塾に通うなら小学4年生(※)から」がオススメ

※ わかりやすく小4と書いてますが、かなり個人差があります。

と言うと、こんな声が聞こえてきそうです。

補習塾は、早めに通い始めないと勉強が遅れちゃうんじゃない?」
進学塾も、早いほど受験に有利なんじゃない?」

一理あります。

ですが…、

小学4年生までの学習内容は、家庭で補えます。

小学4年生までの学習内容が身についていれば、そこから中学受験を目指しても間に合います。

 

別角度から言えば、

小4から塾に通うプラン」でダメな場合は、そもそも塾に通って済む問題ではないかもしれない、ということです。

家庭環境に見直すポイントはないか?
友人関係に不安はないか?

その場合は、塾通い自体がお子さんの負担になる恐れありますので、早めに通わせるどころの話ではなくなってくるんですよ。

ポジ夫
ポジ夫
やる気を失わせている要因を取り除くのが先かな、と思います

小学生に塾が必要ない理由【事例あり】

なぜ「塾は基本的に不要」なの?

私達も小学生の親です。

ミラ子
ミラ子
子供には学校の授業をよく理解していてほしいよね。その方が学校生活を楽しめるだろうし
ポジ夫
ポジ夫
さらに、それが学校のペーパーテストに反映されていると思えば、そりゃ点数が高い方が望ましいしね。その結果、難しい入試に挑戦したっていいだろうし

 

でも、大切なのはそこじゃありません。

小学生の時期は、子供にとってどんな意味があるのか?

小学生の時期の発達課題は、社会の中に自分の「居場所」を見つけ出していくこと

今やっていることが将来の「居場所」になると感じられれば、けっこうがんばれます。

ミラ子
ミラ子
子供は、自分が成長していく方向を掴みたいんだよね
ポジ夫
ポジ夫
うん。それがないまま塾に通っても、得るものは小さいんだ

「塾は基本的に不要」の意味は、これですね。

塾は必要ない?じゃあ何をさせたらいいの?

今している勉強が将来どう役に立つか、わからない。

それなら塾は必要ない。

そういう話でした。

じゃあ、何をさせたらいいの?

スポーツでも音楽でも、少しでも充実を感じられることをするのがいいです。

楽しいことがない?親子で一緒に探しましょう。

多くの場合、それが最優先。

 

塾通いが必要なのは、本気で楽しめることと塾とが結びついた場合だけ

発達心理学的には、これは鉄則です。

【事例】娘(6)vs. 宿題

ポジ夫
ポジ夫
娘(小1)が宿題に苦労してます…

内容がわからないからではありません。

やる気が起きないんです。

算数の計算問題が並んだプリントを、長時間もてあそんで過ごします。

 

でも、気持ちが乗って解き始めると、けっこう早い。

前日には1時間半かかったプリント学習も、フッとスイッチが入って10分で終わったりします(同じ難易度)。

ある日など、就寝前に「明日の宿題が楽しみで仕方ないよ~」と、心から幸せそうに呟いていました。

ポジ夫
ポジ夫
お調子者だよね
ミラ子
ミラ子
(ポジ夫にそっくりだ…)

直前までは「宿題をやらせようとするなんて、お父さんもお母さんもバカだ!」とか言って、プリプリ怒ってたんですけどね。

 

子供は、というか人間は、やる気があればけっこういろいろなことができます

すべての子供に当てはめるのも乱暴ですが…、小学4年生くらいまでの算数は、やる気だけで解ける(ことが多い)んです

 

さて、「この小学1年生を塾に通わせるべきですか?

通わせなくていいんじゃない?

と思いますよね。

① 塾に通わせ、解き方を復習させ、繰り返し演習させる
② 楽しい気持ちで算数に向き合えるよう、生活を見直す

どう考えても②の方がいい作戦だと思いませんか?

・解き方も知ってて実際に解ける
・気持ちが乗らないと1問も解けない
という状況ですからね。

ポジ夫
ポジ夫
やっぱり、塾の前に考えることがあるんだよね
ミラ子
ミラ子
そうだね。毎日が楽しいって思えるようにしたいね

塾に通った方がいいのはどんな人?

「塾は基本的に不要」なだけで、「通った方が幸せになれる」というケースもありますよ。

代表的なものを3つ挙げてみます。

夢と結びついている

ポジ夫
ポジ夫
塾の勉強と将来の「居場所」が明確に結びついているなら、ぜひ塾に通いましょう

 

小学生が憧れる職業…。何でしょう?

いくつかの調査を見ると
・スポーツ選手
・医師
・警察官
などは必ずランクインしていますね。
参考→日本FP協会第一生命クラレ

それに近づくために塾に通うのは、もちろんアリです。

 

憧れの対象は、具体的な職業に限りません

誰の役に立ちたいか
「どんなモノ・サービスを扱いたいか」
そんな漠然とした憧れでも、思いが強ければOKです。

変化していってもいい。小学生が知っている職業は少ないですし、憧れがボヤっとしているのは自然なことです。

 

そのようにイメージした未来塾で学ぶことは、ガッチリ足並みが揃っていますか?

それならぜひ塾通いをおすすめしたいです。

中学校が荒れている

割と例外的ですが、通うことになっている公立中学校が荒れている、などの時も、進学塾→私立中学校という進路はアリだと思います。

荒れた環境ではそもそも何もできないですから、将来の「居場所」を固めていくためにも落ち着いた生活環境が欠かせません。

ミラ子
ミラ子
自分の子が通う中学で暴力事件なんかがあったら、確かに私立中学受験を考えるでしょうね…。あまり聞いたことないですけどね。

家に誰もいない

単純に家が留守がちだから、という時。

両親が外で職を持っていて、家に誰もいない。子供が過ごす空間として塾を利用する、というご家庭もありますよね。

女性の社会進出などとも絡んで複雑な話ですが、「塾に通った方がいい」状況と言えるかもしれません。
※子育てと就労の関係については、改めて書きたいと思っています。

まとめ

ポジ夫
ポジ夫
誰かの役に立つ力になり
②子供がそれを嬉しいと思う
なら、塾通いはすばらしいことだよね
ミラ子
ミラ子
それにしても「基本的には必要ない」し、「もし通うなら4年生から
がいいのかな

お子さんにピッタリ合うスタイルを見つけてあげてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
ポジ夫
ポジ夫
現役幼稚園の先生。いかに意欲的な子供を増やすか考える日々。心理学、特にエリクソンが大好きで、日本で一番ライフサイクル・モデルに詳しいと言い張っている。恵まれた幼児期を過ごした能天気&超ポジティブ男だが、のんき過ぎてパートナーのミラ子に叱られてばかり(でも全然気にしていない)。