ポジ夫の子育て論

小学生・幼児の【英語教育】は必要?不要?

楽しければいい

教科としての英語にはNO!です。が…

 

一人ひとりを考えた時には、少し話が違います。

早い話、楽しければOK

 

こんなようすが見られるなら、ぜひ質の良い英語教育を受けさせてあげてほしいです。

外国語で会話するのが楽しくて仕方ない
絵本には見向きもせず単語帳を眺めている
・子供向けyoutuber動画よりAFN(ラジオの英語チャンネル)に夢中

止めても繰り返すようなら本物。優秀なコーチを見つけましょう。英語がぐんぐん伸びるはずです。

創造的な楽しさ前頭前野の発達に直結していますし、ご家庭でもどんどん伸ばしてあげられるといいですね。いつも英語で会話し、遊ぶ時も英語を使いましょう。
※ 「人間の心そのもの」とも言われ、意欲・思考・コミュニケーションなどを司る部分。

なぜ英語教育はいらない?

あえて極端な言い方をしました↑。

そんな子いないですよね。

・いつも母語より英語で話したがる
・絵本に興味を示さず、書店でも英語参考書コーナーから動かない
・英語のラジオ放送を流しておかないと不機嫌になる

いないでしょ。たぶん。

 

幼児・小学生に、なぜ英語教育がいらないのか?見ていきましょう。

幼児と英語教育

「英語の参考書より絵本の方が好き」。

楽しいことを伸ばすのが、特に幼児期には大切です。

なぜか?

こういうメカニズム↓が働くのです。

楽しい

意欲的に挑戦する

少しの問題では挫けず、目的達成に向け努力する

達成する

ますます楽しい

(これが自動的に=大人の援助なしにループするようになるのが幼児期の発達課題)

 

ですから、例えば

英語しか話せないお友だちがいて、
②その子と遊ぶのがなんだかものすごく楽しくて
自然に英語を教えてくれる大人が傍にいれば、

いいですよ、英語教育があっても。

 

③は、座って・先生と向き合って単語を習う、みたいなやり方だと、おそらく失敗します。

「自然に英語を教える」の意味は…

子供同士の遊びが充実するように援助する中で、日本語を話す子供同士と同じようにコミュニケーションを成立させる、です。

 

こういうカリキュラムを開発した、という幼稚園・保育園の話は聞いたことがありません。

幼稚園・保育園での英語教育が人間の生涯を支える、という科学的なデータが1つもないのは、そういう理由でしょう。あったら本気で教えてくれ。

小学生と英語教育

精神発達の段階で言えば、幼児と小学生では違ってきます。

 

幼児は、意欲的に目的に向かう力がつけば合格、という感じ。

その能力を足がかりに、小学生はどう発達課題をクリアしていくか?

社会の中に自分の居場所を見出していく

コレ↑です。

そのために、英語はどれくらい必要でしょうか?

 

・世の中のことが何となくわかる
・解決すべき問題を何となく知る
・自分をどう伸ばすべきか考える


自分の居場所が見えてくる、これが小学生の理想的な生活です。発達心理学的には。

 

ここに、英語を絡めて考えると?

1つの状況を想像すると…
「身の回りに外国の人が増えていくんだなぁ」

「日本人との間でコミュニケーション不全が起こるなぁ」

「その間に入って日本⇔英語を翻訳してあげられたらいいなぁ」

「英語を勉強しよう!」

 

別の状況としたら…
「外国へ出稼ぎに行かないといけなくなるんだなぁ」

「言語の問題で苦労しそうだなぁ」

「英語を勉強しよう!」

 

などのように、社会の中に自分を位置づけていくのが小学生の時期。

 

しかし、

そういう「状況」、ありそうですか?
景気次第では出稼ぎもありそうですが。

だからと言って、全国の小学生達が生身の問題として考えるほどですか?



中学生からでいい

日本全体として考えたら、英語は中学生からがいいでしょう。

 

小学生の時期は、世の中に自分の居場所を「見出す」段階。

 

中学生以降の時期は、見出した居場所を「作る」段階です。

発達心理学の教科書には、「20代後半くらいまでに居場所ができるのが理想」、のように書かれています。
自分探しが終わる時期、というか。

 

小学生(低学年)「ケーキ屋さんになりたい」

小学生(高学年)「お菓子で世の中を幸せにする生き方っていいな」

中学生「外国のレシピを研究すべきだな」
「外国にもお菓子を販売できたらいいな」
「外国の食品衛生法を勉強しなくちゃ」

中学生「よし、英語を勉強しよう」

こういうのが、英語を学ぶ動機の、1つの理想でしょうか。

そして、これができるのは、多くの人にとって中学生以降なんですよね。

 

ちなみに、獨協大学、慶應義塾大学などで教えていた波多野誼余夫(はだのぎよお)氏の2005年の発言によれば、

小学校から英語を始めればネイティブ並みに話せるようになる、というのも、中学生から始めてもネイティブと同程度に話せるようになる、というのも、どちらも証拠がない
※ こちらを参照↓

だそうですが、

 

僕がここで言ったのは、将来の自分の居場所と英語を、現実的に結び付けられるようになる、という意味。

どれくらい話せるようになるかに証拠がないなら、なおのこと、

小学生は居場所を「見出す」ことに集中し、

中学生になって、必要と感じる人が特に、英語を通じて居場所を「作れる」ようにしていくのがいいと思います。



まとめ

結局は、意欲的にゴールへと前進できるかどうか、なのだと思います。

幼児であっても、意欲的に英語の達人を目指せるなら、英語学習をサポートしてもいいでしょう。

ただし、appleを「アッポウ~」と発音したのを褒められて嬉しい、程度の意欲ではないですよ。それよりお友達とごっこ遊びをしたいはずですから。

※ このあたりの実体験やアドバイスをご紹介するのが、当サイト『インプロキッズ』だったりするわけです。

 

小学生は、英語を学ぶ時間を、将来の居場所探しに費やす。

中学生になって、必要と感じる人を中心に、英語を学ぶことで将来の居場所を作っていく。

一人でも多くが幸せになるには、こうするしかないと思うんですよ。

 

お読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
u
u
chaiの夫。理屈っぽいのをたしなめられながら、たまに記事を書いてます。幼稚園教諭として日々の経験から得た知恵を、すべてこの『インプロキッズ』に込めます。 また、行動分析も精神分析も大好きな、心理学大好きっ子。インプロ的子育てに役立つエピソードをお届けできればと思います。