つぶやき

オリンピック選手から学ぶ子育て

オリンピックメダル

 

 2018*平昌オリンピック 

 

フィギュアスケート男子、オリンピック2連覇!というニュースから羽生選手の演技を子供たちと見ました。完璧なジャンプ、演技に家族みんなで感動。

 

演技を見てから、数ヶ月前に怪我をされていたと知りさらに感動。怪我を乗り越えての今回だったのですね。また、インタビューでもぐっときました。

 

「もし何もなくてこのNHK杯で怪我をするまで本当に順風満帆でうまくいっていたとしたら、多分(ここの)オリンピックでメダル取れてない。やはりいろんな経験があったからこそ、いろんな勉強ができた。それが分かったのは今回の怪我のおかげと思っています」
(引用:WEDGE Infinity

とことん前向き、努力家ですね。日本中がファンになる理由がわかります。

 

意欲的な人間を育てるには

オリンピック選手ってすごいな。

さらに、オリンピック選手を育て上げた親御さんってすごいなというところに注目。

 

自分で、よしやろう!という気持ちがないと、日々の練習は絶対に続かないですよね。

その気持ちをご家族がサポートし続けたわけですよね。。

選手も分かっているから、「だれにこのメダルを捧げたいか」というインタビューに「親です」と答える方がたくさんいるのでしょう。

 

もちろん、家族がアスリートだった本人に才能があった、続けるには、お金もものすごくかかるので、色々揃ってないと一般家庭では育て上げることは不可能だろう思います。我が家の財政では正直厳しい。。。^^;

 

でも全て揃っていた場合でも、本人の「意欲」、そして家族の「共感」がなければ絶対に続かないと思います。

 

きっと最初は本人の興味に家族が、

イエスアンド!

 

最初はごっこ遊びから始まったのかもしれません。

フィギュアスケートごっこ、カーリングごっこ、体操選手ごっこ。。。

最初は親御さんと楽しんでいたのではないでしょうか?

 

そしてさらに、高まるの本人の意欲に、

イエスアンド!

 

お子さんの意欲に合わせて応援し続けた結果がメダルなのではないでしょうか。

 

「よく褒める」アスリートママ82.5%に対し、「よく叱る」アスリートママは45.0%という結果。また85%のアスリートママが「結果だけでなくプロセスもよく褒める」と答えており高い傾向に
(引用:ライブドアニュース)

 

何事も「楽しい」が一番!

かなり古い記事ですが、子どもとスポーツとの関わりについて、末續慎吾選手の語りです。

「子どものころから、こうした方がいいとかって言われることもあると思うんですけど、僕は陸上競技のきつさみたいなものを知るのは、大人になってからでいいと思うんです。最初は自分の思うとおりにいっぱい走って、食べたいものをいっぱい食べて、知識は後でいいんじゃないかと。もちろん、そういう知識を自分で調べたりするのが好きな子もいるので、それはもう本人たちに任せて、子どもたちの『自由』を確保してあげることも大人には必要ではないかと……」
(引用:All About JOCインタビューより)

知識よりも経験!といったところでしょうか。

 

子どもがいい成績を上げられるようにと、大人は先回りしてばかりなのかもしれません。「何歳から」と考えるよりも、

まずは 子どもが「楽しい!」と思える自由を与えること。もしかすると、金メダルはそこから生まれているのかもしれませんね。
(引用:All About JOCインタビューより)

子供が小さいうちはとくに、子供が「したい」「楽しい!」と思った時に自由にできる環境作り、それが実現できるサポートが大切だよなと改めて思いました。

[marker]子供の意欲に「イエスアンド!」それっきゃない。[/marker]



おわりに

今回考えるきっかけを頂いた羽生選手の動画を見終わった後、

母「さあ羽生選手のジャンプです!」に4歳息子がイエスアンドしてくれましたが、ドッスンゴロリン♪

息子にはきっと違う道が待っているはずです^^;

 

子供が自分で夢中になれるものを見つけられるように、

日々の意欲を応援できる母でありたい☆彡

 

ABOUT ME
chai
chai
インプロマインドで子供と暮らそう。 子供との毎日は『イエスアンド』でもっと楽しくなる。 を、モットーに発信して生きます。 現役幼稚園の先生である夫、一年生の娘(6)、年少の息子(4)との4人暮らし。 子供の世界ってなんて楽しいんだろう♪を日々発信しています。