育児年表

子供が習い事を嫌がる…。どうする?幼児・小学生は?

子供が習い事を嫌がる時…。

辞めさせるべきか、励まして続けさせるか…。

悩みますよね…。ですが、辞めさせてOK!です。

 

もちろん、状況ごとに考えることは違います。

幼児の場合、小学生の場合、それぞれ見ていきましょう。

幼児の習い事→すぐ辞めてOK

幼児(3~6歳くらいの方)が習い事をイヤがっているなら、すぐ辞めることをお勧めします。

これくらいの年齢のお子さんは充実がすべて

イヤイヤ続けるという生活は極力避けたいんですね。

 

というのも、この時期に下のようなループが作られないと、その後の人生で苦労することが多いんです。発達心理学の観点から、これは確か。

そのループとは…

 

自分でやりたいと思ったことを始める

(大人の援助を受けながら)深める

達成感を味わう

またやりたくなる。深めたくなる

 

僕はこれを「目的達成ループ」などと呼んでいますが、これ、小学校以降に授業に集中するための基礎にもなるんですよ。

(目的達成ループの回し方をお伝えするのが、このサイト『インプロキッズ』だったりするわけです)

意欲を発揮し、挫折にもめげずにゴールへと向かうマインドは、この時期に土台ができあがるとされています。

 

習い事にイヤイヤ通うことと、どう関係あるか?

イヤイヤな時点で「自分がやりたいと思ったことを始める」にならないですよね。

この時点でループが回りようがないわけです。

 

スポーツだって精神発達だって、1日じゃなにも変わらないです。

毎日まいにち積み重ねることで、
1年、2年、3年かけて、

ようやく確実な発達を遂げられるんですよ。

 

それなのに、回らないループをほったらかしにする」という日々を積み重ねてしまったら?

葛藤に挫けず、目標へと向かう。

そんな気持ちは育たないでしょう。

 

だから、幼児が習い事を嫌がるならすぐに辞め、楽しくて仕方ない遊びに打ち込むのがいいんです。

もちろん、つまづいているところを解決してあげて意欲的になれるなら、続けるてもいいでしょう。

 

超意欲的に、ごっこ遊びで興奮しているのと同じくらいのテンションで習い事に通うなら、それも問題ありません。



小学生の習い事→将来の話をする

小学生の我が子が、習い事をイヤがっている…。

すぐに辞めるのでもいいですが、自分から始めた習い事なら、少し引き止めてみましょう。

 

「その習い事を始めたいと思ったのはなぜ?

そう尋ねてみてください。
※ 厳しく問い詰めるのではないですよ!

 

小学生の時期の人間は、自分の興味と世の中とを結びつけたいと思っています。

世界に自分の居場所を見出す時期、という感じ。

6年間以上をかけていろいろを学び、子供の将来の居場所となる可能性があることを増やしていくのが、言うなれば小学校の役割なんです。

 

特に大きな問題なく育ってきたなら、小学3~4年生くらいには、多くの子供がそういう気持ちだと思われます。

 

「その習い事を始めたいと思ったのはなぜ?

と尋ねたら、

「こんなふうな能力を高めたら、将来の自分が楽しいと思ったから」

と、だいたいそんな感じの答えが返ってくるのではないでしょうか。

 

であれば、それを続けることが将来のその子をどう楽しくするか、親子で一緒に考えてみるといいかもしれません。

続けるよう説得する必要はないです。

「この習い事は、将来の自分の楽しい居場所の一つに繋がっていそうだな」と感じられれば、子供はそれを続けたいと思うはずですから。

 

反対の状況として、

「その習い事を始めたいと思ったのはなぜ?」の答えが、「友人がしている習い事だから始めてみたけど、つまらなくなった」などであれば…、

すぐ辞めてしまってかまいません。



子供のためになっているか?

早めにいろいろできるようにさせたい」

人生を有利に歩めるようにさせたい」

みたいな気持ちは誰にでもあるもの。

 

ただ、子供自身が「将来の楽しい居場所を作りたい」という思いと比べたら、親が「子供にこうなってほしい」という願望は

優先順位がめちゃくちゃ低いです。

 

・子供の意欲
・子供自身が目標に向かう姿勢、

それらがないと結局はモノにならないですから、習い事。

やらされている感が強ければ、「人生を有利に」するほどにはならないでしょう。

まとめ

心から楽しんでいるなら続ける。

やらされている感があるなら辞めさせる。

 

基本的には、そのように考えれば間違いありません。

 

習い事は、人生のほんの一部。

子供の精神発達を優先してあげてほしいです。

気負わず、ラクに考えることをお勧めします!

 

ABOUT ME
u
u
chaiの夫。理屈っぽいのをたしなめられながら、たまに記事を書いてます。幼稚園教諭として日々の経験から得た知恵を、すべてこの『インプロキッズ』に込めます。 また、行動分析も精神分析も大好きな、心理学大好きっ子。インプロ的子育てに役立つエピソードをお届けできればと思います。